Enmeiji天竺ロック

天竺ロック vol.9

 

vol.9
-2月26日延命寺でもシヴァラートリー-

 

- 河野亮仙-

 

シヴゥラートリーとナタラージャーのシンボリズム

 

 ヴェーダのバラモン教ではブラフマー神が創造の神、ヴィシュヌ神が維持の神、シヴァ神が破壊の神とされています。シヴァは寂静、清浄、常楽という意味。2017年のマハー・シヴァ・ラートリーは、インド各州の暦によっては違いますが、パールグナ月の2月25日です。シヴァリンガが出現する日、シヴァとパールヴァティーが結婚する日ともいわれます。前夜からオーム・ナマー・シヴァーヤと一晩中真言や賛歌を唱えて断食して清めます。罪障が消滅し、病気も治るといわれてます。

 一ヶ月28日半の旧暦で満月から数えて14日目の夜です。真っ暗闇となり、朔日から再び月が満ちて再生していきますので、破壊の神シヴァ神の夜としてふさわしいのかもしれません。日本の暦では大寒も過ぎ、やがて暖かくなり春を迎える2月か3月にマハーシヴァラートリーがきます。インドでは日に日に暖かく、いや暑くなります。

 何もなくなってから再生、創造が始まるので、ブラーフマー、ヴィシュヌ、シヴァの三神は一体です。シヴァはターンダヴァ・ダンスによって世界を生み出す創造の神、時間の神カーラとしても知られています。また、シヴァ神と女性神シャクティも一体とされています。

 さて、時間というのは時計が刻んでいると思っているかもしれませんが、カウントダウンを始めたのはあなたです。あなたが生まれる前に時間は存在しないし、死ねば時間は終わります。ほかにどこにあるのでしょう。あなたが鼓動を始めたときから世の中が存在するように、シヴァ神が踊り出してからはじめて時間が動き出し、宇宙が生み出されてきます。あなたが踊ることによって時間と空間を刻みだしているのです。

 また、あなたが男か女か知りませんが男と女は一体です。シヴァ神だけでは存在できず、それを支えるものが必要です。それは地球です。母なる大地です。インドの宗教は大地の神への崇拝が基本です。シーターも畝という意味で大地の神です。

 支えるもの、保つものとはダーラナー、女性形ではダーラニー、陀羅尼です。般若心経の真言、「ぎゃていぎゃていはらぎゃてい、はらそうぎゃてい、ぼーじそわか」も女性神、般若波羅蜜菩薩を讃えるものです。

 そのシヴァ神と女性神を結びつける愛の力が重力です。これによって惹き付けあって一体となります。インド舞踊は重力の踊りです。ターンダヴァでしっかり大地、子宮を奥まで突いて子供を孕ませてください。それで宇宙ができあがるという意味が秘められていると思います。

 あなたが活動を始める、舞い踊ることによって宇宙が展開していく、意識を宇宙中に及ぼしていくという宇宙的遊戯。そういうイメージで踊って、世界を浄化して、再スタートさせてください。踊れない人はオムナマシヴアーヤ、そして朝まで断食。