インディカ舞

 真夏のような代々木公園のナマステ・インディアを終えると、急に秋めいて参りました。皆様、お元気でお過ごしのことと存じます。
 さて、今年は音楽人類学の姫野翠先生が亡くなられてから十周年、年初には『異界へのメッセンジャー』出版記念パーティーを行うことが出来ました。その折り、先生とつながりの深かった、野火杏子さんと井上貴子さん、長谷川時夫さんが欠席されていたので、今度はその三人を中心にと考えていました。。
 また、友人の画僧、上野玄春師の一周忌も間近となります。師の奥方、直子さんもバラタナーティヤムの舞踊家として活躍し、多くの優秀なお弟子さんを育てられました。
 そこでこの度はインド舞踊を中心とした会を催し、井上さんにはインド舞踊の伝承についての講演をしていただきます。
 今年もまたミシシッピーに大災害が起き、パキスタンでも大地震がありましたが、中越地震が起きて一年になります。姫野先生が協力されていた十日町ミティラー美術館(長谷川時夫館長)の復興にもお力添えいただけると有り難いです。
 入場無料で、ご縁のある方には、是非お誘い合わせの上いらしていただきたいのですが、お志を頂戴してミティラー美術館にお送りします。
 92年9月、バリ芸能研究会の長野合宿では上野直子さんがバラタナーティヤムのワークショップを行い、姫野先生が元気に踊られていたのを思い出します。その時にジャワ舞踊のワークショップを担当された佐草夏美さんが、今回、グンデルの伴奏で踊ってくださいます。インド舞踊の古い形がジャワ舞踊に残っているのでないかと想像しますが、オリッシーの足捌きやバラタナーティヤムの構えなどと同時に見られるのは滅多にない機会です。
 供養という言葉はインドでプージャー、神仏を喜ばすため捧げものをすることです。皆様の気持ちが天まで届くように、平和に暮らせるように、天災が起こらないようにお祈りしましょう。

NAMASTE。 河野亮仙
日時 平成17年11月5日(土)
場所 延命寺 さいたま市浦和区本太1−42−2 浦和駅東口より徒歩8分 ◆地図
電話 048−882−6341
HP http://www.enmeiji.com
次第
午後1時半  
プシュパンジャリ 野火杏子・里見まこ・マドゥプリヤ
ジャワ舞踊 佐草夏美+グンデル 宮元雪絵
オリッシー 桐山日登美
パダム 里見まこ
パダム 野火杏子
ティラーナ マドゥプリヤ
休憩  
午後4時  
講演「舞踊伝統の継承者たち−ナットゥヴァナール」 井上貴子

お便り、お問い合わせはこちらに info@enmeiji.com


HOME活動中心声明見聞録寺報を出そう写仏のご案内

寺とパソコン 寺とパソコン(番外編)インディカ舞リンク集


Copyright (c) 2004 延命寺 All Rights Reserved.