新刊『天平勝宝のインド舞踊』のお知らせ

インディカ舞主宰、河野亮仙が一年を費やして書き上げた『天平勝宝のインド舞踊』がついに発売になりました。

ついにというのは、奥付では平成11年12月26日発行となってますが、実際の配本は一月半ばに入ってからでした。お待たせしました。でも、私の関係する本は、二年も、三年も、五年も経って出るのが普通?でしたから、これでもかなり早いほうです。

一応、目次から紹介しますと

    天平勝宝のインド舞踊表紙第一講
     意外と分かっていないインダス文明
    第二講
     アーリア人の侵入とドラヴィダ人
    第三講
     古代インドの演劇と舞踊
    第四講
     図像史から見るインド舞踊
    第五講
     天平勝宝のインド舞踊
    第六講
     インド舞踊神話
    第七講
     伝統の創出
    第八講
     チャーキヤールの秘密
    補講
     芸能はヴァーチャル・リアリティを現出する技術です。
     その他、図版や写真、オマケがついてます。
     ポケモン・カードとか。ウソウソ。

仮想授業の形式になってます。定価は千八百円です。都会の大きな本屋にしか並んでませんので(多分、我が浦和市内では売ってないと思います)、出帆新社まで直接注文してください。電話は、03−3439−0705です。
変な本です。げらげら笑いながら読める本を目指したかったのですが、ちょっと難しいかしら。とにかく、まともな本ではありません。
私は今まで編集者タイプの人間だと思ってましたが、そうでもないことに気がつきました。つまり、ここで私は様々な話題を散らかしっぱなしにしています。整理するのが苦手です。それは、私の部屋を覗きにくるまでもなく、HPを見るだけで十分ご理解いただけると思いますが。
単独の著書はデヴュー作の『カタカリ万華鏡』(平河出版社)以来十年ぶりです。
次に出るのも、統計確率的には?十年後になりますので、幻の名著!?になる前にお買い求め下さい。

いんどいんどシリーズE−−−出帆新社
印度曼陀羅破門講座        
『天平勝宝のインド舞踊』
                河野亮仙 著

お便り、お問い合わせはこちらに indicamy@urawa.cabletv.ne.jp


HOME活動中心声明見聞録寺報を出そう写仏のご案内

寺とパソコン 寺とパソコン(番外編)インディカ舞リンク集


Copyright (c) 2003 延命寺 All Rights Reserved.