2016年花祭りのご案内/来迎山地蔵院延命寺

延命寺の花祭り

平成29年4月15日(土)


延命寺の花祭りも第20回を迎えました。
この20年間の移り変わりは激しく、世は、すっかり、インターネット時代になりました。
にもかかわらず、人の世に起きること、浮き沈み、愛憎劇、出会いと別れ、地震、津波、台風、大火、天変地異等々、昔と変わりません。 平家物語に材を取って平成の鎮魂劇をお送りします。

出演

主    催: 延命寺 さいたま市浦和区本太1-42-2
菓子提供:中田仏具店


モノ語り平家
  花祭り、釈尊のご生誕を祝う法要は、古くは降誕会、仏生会と呼ばれていました。戦後の仏教復興運動の中で、宗派を超えてお祝いしようということで盛んになりました。
  日本など北伝の仏教では桜の季節、4月8日がお釈迦様の誕生日とされています。南伝では、およそ5月の満月の日、今年のインドでは5月10日に仏誕会を祝います。
「色は匂へど散りぬるを 我が世誰ぞ 常ならむ」といろは歌に歌われるように、日本人の考え方の根底には無常感があるといわれます。「ゆく川の流れは絶えずして、しかももとの水にあらず」と鴨長明は方丈記で期記してしいます。
  平家物語にも「祇園精舎の鐘の声、諸行無常の響きあり、沙羅双樹の花の色、盛者必衰のことわりをあらはす。おごれる者久しからず」と歌われます。
「平家物語」すなわち「平家」の「物語」では、実に何人もの作者がいて、何通りもの系統がありました。「平曲」といって琵琶で語る物語の系統は、天台座主慈圓の下にいた行長入道が作って、盲目の生仏に教えて語らせたと徒然草に記されています。
  平家物語は琵琶法師によって語られたもので、本来、法師とはお坊さんのことですが、琵琶法師や田楽法師など、平安後期になると正規の身分から離れ、頭を剃って僧侶のごとき格好をするものが現れてきました。平安・鎌倉の絵物語には、しばしば、琵琶法師が登場しますので、相当人気があったようです。今でいうストリート・パフォーマーで、町の辻、寺社の門前に出没しました。
  出家してようとなかろうと、実は、僧侶と楽士、踊り子は、ほぼ、同じ職業です。衣装と小道具を持って出かけて、パフォーマンスをし、お布施をもらって帰ってきます。
  また、「布施なき経は読むなかれ」という言葉があります。これは、お経を読んだら必ずお金(財施)をもらいなさいという意味ではありません。
  布施は読んで字のごとく、昔は布を施したといいます。施物はお金とは限りません。笑顔も布施、優しい言葉をかけるのも布施、席を譲るのも布施、雨宿りさせたり傘を貸すのも布施です。
  お坊さんがお経を読む、これは本来、釈尊の説法です。声を出すことによって場が成立し、法施、仏から功徳を与え安心を得ます。声明でしたら一音成仏といって、アーと声を発することによって成仏を目指します。
  楽士の場合も、決して譜面通りに間違えずに演奏するのが目的ではありません。音楽に浸かる、音浴によって平安、至福を得ることができます。音というのは波、波に楽士自らのエネルギーを乗せて発し、お客さん全体で受け止め、波動を高めて共振します。多分、共感の波は会場を超えて地球全体に、大宇宙に、また時空を飛び越えてあの世にも通じていると思います。
  平家物語は平家一門、および戦没者の霊を鎮めるために語られたといいます。幼い安徳帝らが壇ノ浦に沈んだあと、1185年7月に大地震が起きて、人々は平家の祟りかと恐れおののきました。今年は、たまたま、熊本地震から一年、東北大震災の七回忌、阪神淡路大震災の二十三回忌に当たります。鎮魂と再生の意味をこめて、法要を行います。
  平家物語灌頂の巻の最後には
「先帝精霊    一門亡魂    成等正覚    頓証菩提」    「過去精霊    一仏浄土へ」
とあります。南無阿弥陀仏。
---  当日の風景  ---
花まつり風景 花まつり風景 花まつり風景 花まつり風景
花まつり風景 花まつり風景 花まつり風景 花まつり風景
花まつり風景 花まつり風景 花まつり風景 花まつり風景
花まつり風景 花まつり風景 花まつり風景 花まつり風景
花まつり風景 花まつり風景 花まつり風景 花まつり風景
花まつり風景 花まつり風景 花まつり風景 花まつり風景
花まつり風景 花まつり風景 花まつり風景 花まつり風景
花まつり風景 花まつり風景 花まつり風景 花まつり風景
花まつり風景 花まつり風景 花まつり風景 花まつり風景
花まつり風景 花まつり風景 花まつり風景 花まつり風景
花まつり風景 花まつり風景 花まつり風景 花まつり風景

■バックナンバー

2017年度の模様2016年度の模様2016年度の模様2014年度の模様2013年度の模様
2012年度の模様2011年度の模様2010年度の模様2009年度の模様2008年度の模様
2007年度の模様2006年度の模様2005年度の模様2004年度の模様2003年度の模様


HOME

◆ 宗 派 : 天 台 宗 ◆ 住 職 : 河野亮仙 ◆ 〒330-0052  埼玉県さいたま市浦和区本太1-42-2 ◆ TEL 048-882-6390 / FAX 048-885-3666

copyright© 2011 enmeiji.com All Rights Reserved.